〒101-0041

東京都千代田区神田須田町1−23−1

住友不動産神田ビル2号館 5F

TEL:03-6206-8475 | FAX:03-6206-8740

E-mail:info@cip.or.jp 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

©2015-20 Association of Chiyoda Industry Promotion All Rights Reserved.

事業実績

第2回秋葉原映画祭2017

 

 

発声上映は、映画祭の概念を変える究極の施策!

 

秋葉原映画祭(AFF2017)は、第2回の開催にて、前回の約2倍となる5,997名様の動員を達成しました。

 

今回、AFF2017では、国内映画祭初の試みとして「発声上映会」を行い、大盛況にて幕を閉じることができました。 発声上映については、事前のノウハウがなく、実施することに不安もありましたが、配給各社と打ち合わせを重ね、 市場リサーチや発声上映マニュアルの策定をした結果、トラブルもなく無事に映画祭を終えられました。

 

AFF2017では、今年のコンセプトとしていた、平「和」と人の「輪」をつないでいく!を体現した催事となりました。 秋葉原では、地元の電気街・観光・商店の振興会を軸に、電気街や商店、街がこの文化催事の元につながりました。映画祭では、公式SNSからユーザーとつながり、ご意見や要望から2作品だった発声作品が5作品へと増えました。 公式ツイッターからのつながりから監督が登壇!というのも他の映画祭では、あり得ない事象だと思っております。

 

発声上映は、日本独自の進化といえるガラパゴスな鑑賞方法で、「上映ライブ」という新たな概念を生み出しました。 国内の映画祭では、公開終了後の作品しか上映ができませんが、この新たな上映手法は、配給会社にとっても、 ファンにとっても嬉しい発見であり、興行の再動員につながるという新しい可能性となりました。

 

来年、2018年の第3回目では、「発声上映会は秋葉原映画祭!!」となるべく、更なるブラッシュアップを行います。 地元の総鎮守・神田明神で、来年度に新設される予定のシアター(400名規模)にて、新作映画上映を目標とします。 若手クリエイターのコンペティションの実現や特撮作品の上映を始め、世界でも例のない映画祭へと進化します。

 

 

また、土地柄、多くの外国人のお客様が来場されたこともあり、インバウンド面も強化していきたいと思います。秋葉原映画祭は、皆様に愛される文化事業として成長させて参ります。

今後も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

秋葉原映画祭実行委員長 青木 龍馬

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

イベント実績
Please reload